脂性肌 スキンケア

脂性肌のケアは皮脂のコントロールが肝心

脂症の人の肌

 

脂性肌(オイリー肌)とはどういう状態かというと、皮脂が分泌し過ぎている状態ということになります。

 

見た目にもテカテカしているので分かりやすく、自覚している人の割合が多いようです。原因としては、複数の要因がありますが、皮脂の過剰分泌ということです。

 

皮脂の分泌を担っている男性ホルモン「テストステロン」・ステロイドの一種「アンドロゲン」などが関係し、思春期や30〜40代に多く分泌される時期があります。テストステロンやアンドロゲンなどの分泌量が増えると皮脂線が活発になり、皮脂が過剰分泌されるという状態です。

 

さらに生活習慣の乱れや睡眠不足にも皮脂の分泌量は影響を受けやすいです。

 

また、脂性肌の場合には皮脂線が多かったり、毛穴が大きかったりなど遺伝的な要素も含まれている可能性もあります。特に毛穴は加齢により開くことがあるので、若い時はそうでもなかったのに脂性肌になる、ということも考えられます。

 

食生活などでも特に動物性脂質(ラードやバター、牛脂、肉類)などを過剰摂取すると皮脂線から不要な老廃物として排出されます。過剰摂取は皮脂の過剰分泌を招きますので気になる場合には注意してください。

 

薄毛の原因にも

最近は女性専用のAGAクリニックがあるなど、女性の薄毛、抜け毛が大きな問題になりつつあります。男性の薄毛と異なり、女性の場合は過剰な皮脂が毛穴につまることによる薄毛(脂漏性脱毛症)が多くのケースであります。進行した薄毛はなかなか元に戻りませんし、戻っても長い時間がかかる非常にやっかいなもの。頭皮が脂っぽいな、と感じる場合は早めに皮膚科や美容クリニックを受診しましょう。

 

どんな化粧水を選ぶべき?

脂性肌の場合の化粧水選びのポイントは、サッパリとして油分の少ないものを選びつつも、しっかりと保水・保湿には気を付けるということです。

 

収れん化粧水が効果的

収れん化粧水という、肌や毛穴をキュッと引き締める効果を持つ化粧水なども発売されています。毛穴を引き締めることによって、皮脂の過剰分泌をおさえる効果もあります。引き締め効果・サッパリ感として、ビタミンCや有機酸、アルコール分などが配合されています。

 

脂性肌の場合は、多少の刺激を与えることによる引き締め効果を狙っています。ただし、注意しなくてはいけないのはインナードライなど見かけだけの脂性肌の場合には収れん化粧水などの刺激は間逆効果があります。

 

 

収れん化粧水の使い方としては、脂性肌であっても皮脂の過剰分泌部位のみに使用することがおすすめです。その他の部位は、保水・保湿に重点をおいた肌に優しい化粧水の使用が肌トラブル軽減に繋がります。

 

特に目元・口元などは皮脂線が少ない部位のため、たっぷり保水・保湿を心がけてあげるとよいです。

 

いちばん問題なのは、肌が脂ぎっているからと保湿を怖がって避けることです。人間の身体は防御機能があり、テカりそうだから保湿をしないでいると、逆に潤そうと皮脂をどんどん出してしまうのです。

 

この原理でいうと、あぶらとり紙もやりすぎは禁物です。しょっちゅう顔にペタペタつけているとその瞬間はサラサラになって気持ちいいですが、逆にどんどん皮脂が分泌されやすい肌になってしまいます。

 

ですので、皮脂が多い部位でも毎回あぶらとり紙を使わず、ティッシュで軽く拭く程度にしておきましょう。

 

皮脂の落としすぎは逆効果

熱いお湯の出ているシャワー

 

皮脂が気になる脂性肌であっても、皮脂の落としすぎはかえって皮脂の過剰分泌を招くことになります。

 

熱いお湯では、お肌を守るのに必要な皮脂成分まで根こそぎ溶かし出してしまいます。また、強い洗顔料でゴシゴシ洗うのは洗い上がりはサッパリで気持ちよいのですが、やっぱり必要な皮脂成分まで洗い流してしまうことになってしまうのです。

 

皮脂がなくなってしまった肌は、スカスカの状態で異物が肌の内部に侵入しやすくなってしまいます。肌荒れや炎症を起こす原因です。肌に優しいとされる洗顔料で、優しくクルクルとするように、水での洗顔をおすすめします。

 

また、クレンジングオイルなどでゴシゴシとメイクを落とすのも皮脂を根こそぎ拭き取ってしまいますので、優しいクレンジングを心がけるようにしてください。皮脂が気になってあぶら取り紙を使用する場合にも、ゴシゴシとはせず、そっとパッティングするように拭く程度で十分です。

 

皮脂がなくなると、体内の防衛本能がはたらき、皮脂を過剰分泌させてしまいますので注意してくださいね。

 

皮脂は天然の保湿クリーム

ただ、皮脂が多い状態というのは悪いことばかりではありません。

 

皮脂は人体が分泌成分で作られた天然の保湿クリームといえます。それがたっぷりあるのだから、肌的にはバリア機能が強固な状態ともいえます。

 

つまり、ケアをしっかりとして皮脂のコントロールさえきっちりできれば、乾燥肌や敏感肌の方に比べて、肌トラブルを起こしにくい健康な肌ともいえるのです。