ライスパワー 効果

お米に秘められた無限の可能性、ライスパワー

お米

 

日本人の主食として昔から慣れ親しんできたお米。

 

そんな「白い恋人」にじつは、肌に対してもミラクルな効果があることがわかりました。

 

特にセラミドとは切っても切り離せない関係があります。

 

その名は、ライスパワー。

 

まさにお米のチカラそのもののネーミングですが、エイジングケアに大きな力を発揮できるライスパワーは注目が集まっており、ぞくぞくと化粧品メーカーが新商品の開発に乗り出しています。

 

そんなライスパワーですが、いったいどんな効果があるのでしょうか?

 

お米×菌のチカラ

 

ライスパワーエキスは、白米を材料に麹菌や乳酸菌、酵母などを活用して数ヶ月間発酵・熟成されてつくられます。

 

使われる菌や酵母の違いによって異なる効果があり、それぞれのライスパワーはナンバリングによって以下のように分類されています。

 

おもなライスパワーとその効果

ライスパワーNo.1 ■保湿成分

肌に潤いを与え、長時間保湿効果が持続します。

ライスパワーNo.2 ■肌保護成分

目に見えない汚れを落としつつ、肌のしっとり感をキープ。

ライスパワーNo.3 ■洗浄用保湿成分

汚れはしっかり取りながらうるおいは残します。

ライスパワーNo.7 ■保湿成分

カサカサ肌を改善し、なめらかに保湿します。

ライスパワーNo.10 ■洗浄成分

毛穴トラブルの原因となる過剰な皮脂をコントロール。

ライスパワーNo.11 ■水分保持能力改善効果

角質層内の水分を保ち、みずみずしい肌をつくります。

ライスパワーNo.23 ■整肌成分

肌のコンディションを統合的に整え、ダメージから守ります。

ライスパワーNo.1-E ■髪や地肌の潤い成分

髪と地肌をすこやかに保ち、つややかでハリのある髪にします。

 

この中で特に注目なのは、水分量保持効果のあるNo.11。

 

次世代の保湿効果が期待されているライスパワーNo.11は、角質層内の水分をキープして根本からうるおいを作ることのできる驚異の成分です。

 

水分保持機能

私たちの肌(角質層)は健康な時はいちばん外側にバリアの膜があり、乾燥やアレルゲン、微生物などの刺激から肌を守ってくれますが、弱ってくるとバリア機能が壊れ、内部の水分が蒸発しやすくなり、アレルゲンなど外敵が肌に侵入しやすくなってトラブルを起こします。

 

ライスパワーNo.11は肌の奥の基底層まで浸透しの水分を保持することで表面の細胞が剥がれるのをガード。強固なバリア機能を保持できるので乾燥や刺激に負けない肌をつくってくれます。

 

この水分保持機能は国に正式に認められており、働きをしっかりと明記できる医薬部外品に指定されているほどです。

 

医薬部外品とは

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の薬事法に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。
予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれる。人体に直接用いられるものだけでなく、たとえばスプレー式殺虫剤のように噴霧したり、ホウ酸団子のように適当な場所に設置したりして使用するものも含まれる。(Wikipediaより)

 

ウィキペディアでこのように説明されている医薬部外品。

 

要は化粧品以上薬未満の効果がある成分のことで、人体(肌)に対して何らかの効果がきちんと認められたものということですね。

 

ですので指示通りに使えば高い割合で効果・変化を感じられます。

 

ライスパワーNo.11で言えば角質層内の水分保持効果なので、肌の乾燥に悩まれている方なら改善が期待できるということですね。

ライスパワーはセラミドをふやせる類稀な成分

うるおいを感じる女性

 

もう一つ、ライスパワーの鍵となる働きがこれです。

 

本サイト的にもとても重要なものですが、ライスパワーはあのセラミドをふやすことができるのです。

 

もともと人体が自然に持っているセラミドは、加齢や悪い生活習慣などで量が減っていくので、保湿のためには補っていく必要があります。

 

そのためには当然ですが、セラミドが含まれている化粧品やサプリメントを使うわけです。

 

ですがこれはいわゆる対処療法的な措置で、身体がセラミドをつくろうとする力を高めているわけではありません。

 

ところがライスパワーNo.11は、人体のセラミド産生力そのものを蘇らせることができるのです。

 

肌の細胞同士を密着させる接着剤のような役割のセラミド。

 

セラミドで満たされたお肌は細胞が規則正しく並んでくっついているので、中の水分が逃げないですし外敵からも守ってくれるので、トラブルのないうるおい肌になれるのです。