プロテオグリカン 肌 効果

驚異の保湿成分プロテオグリカンのパワーとは

保水のイメージ

 

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど人気の保湿成分に新たなライバル出現という感じでしょうか。

 

その名はプロテオグリカン。かつては1g3,000万円ともいわれた超貴重な成分です。

 

後述しますが画期的な抽出方法によって大幅なコストダウンが実現し、現在プロテオグリカンを配合する保湿化粧品がどんどん発売されています。

 

そんなプロテオグリカンのすごさはどこにあるのか、探ってみました。

 

プロテオグリカンの正体は

プロテオグリカンとは、保水力に優れていることで注目を浴びている新成分です。

 

有名なグルコサミンなどと同様、動物の軟骨の主成分であり、コラーゲンやヒアルロン酸と同じような、体内の細胞と細胞の隙間を埋めてくれるはたらきを持つ成分のひとつです。

 

19世紀末にアグリガンという分子が発見されたことから研究が進められてきました。その中のプロテオグリカン(たんぱく質と糖の結合物質を命名した)にはよい効能があるのしてさらに研究が進められてきたのですが、当初は牛からたくさんの薬品を使用してわずかな量しか抽出できませんでした。

 

そのため1g1000万円とも言われ、なかなか普及しない物質だったのです。しかし、広前大学の高垣教授が、鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンを抽出する方法を発見し、安価で安定したプロテオグリカンの抽出が確立されました。

 

その後、プロテオグリカンの研究は加速し、現在では化粧品や健康食品として利用価値の高い成分として注目を浴びています。

 

具体的に、肌にどんな効果がある?

プロテオグリカンは美肌効果があることで注目をあびている新しい美容成分のひとつです。特に保水力に優れていることで、積極的に化粧水やスキンケア成分として使われています。

 

また、プロテオグリカンにはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果があるとされています。つまり肌の再生効果(ターンオーバー)を促す効果です。

 

特に加齢とともに落ちてしまうといわれるターンオーバーを維持、アンチエイジングを目的とした化粧品などでも注目を浴びています。そもそもプロテオグリガンという成分については、人間が元々持っている成分でもあります。

 

そのため、アレルギー反応などは起こさず、身体にとってもよい成分であることは間違いありません。

 

身体の中でさまざまなはたらきを担っているプロテオグリカンであり、新たな抽出方法の確立によって最近になって実用化された成分でもあるため、利用方法や効果・価値についてはさらに研究が進み可能性が増えていくとされています。

 

研究結果には、目尻や顔のシワやたるみ、シミが改善されたという報告もあります。

 

こんな商品に使われています

プロテオグリカンに関しては、たくさんの商品が発売されています。原液の美容液などもありますし、化粧水などのローションなどもあります。

 

成分自体に高い効果があるとされていますので、できるだけ濃度の高いものを選ぶと気になる症状が改善されやすくなるともされています。保水力がとても高いので化粧水などのスキンケア商品では人気のある成分です。

 

化粧水などでは濃度などをチェックしながら選ぶとよいと思います。乾燥肌向けなどの商品に含まれていることが多いのですが、乾燥肌には化学薬品や添加物というものはあまりよくありません。

 

できるだけ添加物の少ないとされる製品を選び、できるだけオーガニック製品を選んだほうが効果は高いようです。プロテオグリカンにはさまざまな効果があるため、サプリメントなどでもラインナップ豊富です。

 

コラーゲン生成やヒアルロン酸の生成には、身体の外側・内側ともにアプローチしていくと早めの効果が実感できるかもしれません。