エラスチン 効果

エラスチンとは?肌のしなやかさに重要な役割

お肌をケアする30代くらいのかわいい女性

 

エラスチンは、人間の細胞外で働く繊維状(ヒモのような形の)のたんぱく質で、肌などのコラーゲン同士をつなぎ止める働きをしています。

 

エラスチンは800個以上のアミノ酸より形成されており、人間の体内の伸縮性や弾力性を保つ役割をしているため弾性繊維とも呼ばれています。

 

それなので、じん帯や動脈、肺や真皮、血管などの、体内の中で弾力が必要な部分にエラスチンは存在しています。

 

しなやかな肌に必須

肌の弾力を保っている真皮を構成しているのはコラーゲンが約70%、エラスチンは約5%でコラーゲンの方が圧倒的に多いのですが、エラスチンがコラーゲンをしっかりとつなぎ止めているからこそ皮膚の弾性は保たれます。

 

その意味では、直接的に保湿に関わるコラーゲンなどの働きを支えるサポーター的な役割が、肌の美容という意味ではエラスチンにはあります。

 

エラスチンは加齢とともに減少していき、40代に入ると一気に減少スピードが加速します。また、喫煙やストレス、紫外線などが原因で発生する活性酸素の影響でも、エラスチンは減少してしまいます。

 

エラスチンの形成過程を研究し、エラスチンの形成を制御できれば、スキンケアによるたるみの予防や改善につながります。

エラスチンは水分も保持してくれる

近年、保湿成分としてもエラスチンは注目されていますが、弾力をつかさどるエラスチンで保湿、というのはどういうことなのでしょうか?

 

エラスチンには水分を抱え込んで保持する能力があるため、肌につけると肌表面で水分を保持してくれる効果をもちます。

 

水分を保持してくれるということは、保湿効果が期待できるということ。しかも、私たちの肌にもともと存在する成分なので、肌馴染みもよく安心して使うことができます。

 

とは言っても、肌からエラスチンを直接摂取しようとしても、真皮まで届くことはありません。それなので、外からハリを与える効果は期待できないのです。

 

単独で使用しても保湿効果は期待できますが、乾燥が特にひどい場合は、エラスチン以外にもセラミドやコラーゲンが配合されたものを選ぶのがよいでしょう。

 

上手に使って肌の水分を逃がさないようにすれば、アンチエイジングにもつながります。老化の鍵となる「乾燥」を起こさせないために。エラスチンやセラミド、コラーゲンが配合された化粧品でしっかりと毎日保湿しましょう。

血管や人体にも重要な役割を果たしている

血管のイメージ

 

美容的な面でエラスチンは多く注目を浴びていますが、エラスチンの効果はしわ、たるみ予防だけにとどまりません。

 

じつは、血管やじん帯、心臓などにもエラスチンは存在しています。

 

心臓には弾性型動脈と筋型動脈があるのですが、心臓に近い部分に存在している弾性型動脈に、より多くのエラスチンが含まれています。

 

命に関わる病気につながる恐れ

エラスチンが加齢などにより減ってしまうと、血管の柔軟性が失われてしまいます。そのため、動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などの病気にかかりやすくなってしまうのです。だからこそエラスチンには、動脈硬化などの予防につながる働きがあると言われているのです。

 

肌トラブルで死ぬことはまずありませんが、血管や内臓の疾患は生命に関わることも多く、ますますエラスチンという成分の重要度が高まりますね。

 

また、じん帯にも多くエラスチンは存在するため、エラスチンが減少するとじん帯が伸縮しにくくなってしまい、それまで普通にできていたしなやかな動きができなくなってしまいます。

 

そのため、じん帯の一部が切れてしまったり、全てが切れてしまうじん帯断裂が起きたり、怪我をしやすい体になってしまいます。

 

エラスチンは肌だけではなく、私たちの身体の中で重要な役割を担っているのです。

エラスチンを食事やサプリメントで補給

牛すじのどて煮

(※)写真はエラスチンを多く含む牛すじのどて煮

エラスチンは食事やサプリメントで摂取するのがよいでしょう。

 

とはいえ、経口摂取の場合、体内には一度分解された上で取り込まれるので、皮膚の中のエラスチンが直接そのまま増えるわけではありません。そのため、長く続けることが重要となります。

 

エラスチンを多く含む食品

・牛すじ
・手羽先
・軟骨
・煮魚
・かつおの動脈球
(※)動脈球とはかつおの心臓についている組織で、鹿児島県枕崎市の郷土料理(かつおの心臓のガーリック炒め、天ぷら、塩煮などが有名です。

 

これらを見る限り、基本的に毎日食品から摂取する、ということは難しいかもしれません。そのため、サプリメントなどで補うのが賢い方法と言えるでしょう。

 

サプリメントで摂取する場合は、就寝前に摂取することをおすすめします。睡眠中に重要とされるいわゆる「シンデレラタイム」(夜10時から深夜2時)。

 

肌の生まれ変わりが活発に行われる時間(タイミング)に合わせて摂取すれば、効果が高まると言われています。

 

エラスチン配合のサプリメントを長期的に摂取することによって、繊維芽細胞を活性化し、エラスチンが増え肌の調子がよくなることが報告されています。

エラスチン配合のサプリ、健康食品

最近注目度が上がっているエラスチンだけに、大手メーカーも続々と商品開発を行っています。

 

ただ注意したいのが、コラーゲンの力を引き出すエラスチンだけに、どちらもバランス良く配合されていることが重要で、いたずらにコラーゲン量だけを強調した商品では意味がない、ということ。

 

直接口にするサプリや健康食品だけに、大手や実績あるメーカーを中心にエラスチン配合でコラーゲン力をアップさせる商品だけをあげてみました。

 

ぜひ、ご参考にしてみて下さい。

 

POLAインナーリフティア

ポーラ インナーリフティア

独自の美肌研究でオリジナル成分を次々と生み出しているポーラ。つい先日もシワを改善する画期的な化粧品を発売しました。

 

このインナーリフティアもコラーゲンと植物プランセンタをはじめ、もちろんエラスチンもしっかり配合。ヒアルロン酸や鉄分など美肌に必要な成分を、1日1包できっちりとサポート。

 

シワやシミ、くすみ、たるみなどあらゆるエイジングに対して効果的なケアをはじめることができます。

 

ポーラ インナーリフティア公式サイトへ

 

FUWARI(フワリ)

FUWARI(フワリ)

プラセンタとコラーゲンをしっかり摂れるサプリがこのFUWARI。30代〜50代の女性に肌悩みのリサーチを徹底的に行い、エイジングの諸症状をクリアにできる成分だけを配合。

 

コラーゲンの働きをサポートするエラスチンも効果的に含んでいます。

 

90日間の返金保証に対応していたり、初回が980円と格安で手に入るなど、手軽に始めやすい商品になっています。

 

FUWARI(フワリ)公式サイトへ

 

ちゅる凛美肌ゼリー

ちゅる凛美肌ゼリー

このちゅる凛美肌ゼリーも、エラスチンの働きに着目されて開発されたゼリータイプの健康食品です。

 

年齢とともに減少するエラスチンやコラーゲンをしっかりと補うことができるだけでなく、抗酸化成分として注目のアスタキサンチンも配合。

 

低カロリーで脂質もまったく含んでいないので、カロリーが気になる方も安心して摂ることができます。

 

ちゅる凛美肌ゼリー公式サイトへ